FC2ブログ

sabi 'n' ando ~ 錆納戸 ~

古道具のある日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ引っ越ししました

この頃は、ずいぶんと涼しくなりました。ここ神奈川も今日の最高気温が25度と、とても過ごしやすいです。

子ども達も学校や幼稚園が始まり、錆納戸も活動的になってきました。いつも通り、ゆっくりマイペースではありますが。

そんな中、ホームページが古くなっているのが気になり、ホームページをリニューアルしました。
新しいホームページはこちらから。

まだまだ作成途中ですが、その過程でブログも新しいホームページに付随したブログへと引っ越しました。
http://www.sabi-nando.com/pages/2243485/blog

今後もゆっくりとですが、古いもの、味のあるものなどを紹介していきたいと思いますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

夏の終わり

今年、関東は早々と梅雨が明けてしまいました。6月に梅雨が明けるのは、観測史上初ということ。

子どもの頃は、梅雨が嫌いでした。雨でどこにも遊びに行けないし、なんだか暗い気持ちになったものです。
そんなわけで梅雨を象徴するかのようなアジサイも嫌いでした。子どもの私には、なんだか地味で冴えない花に思えたのです。

でも、年を重ねるにつれ、梅雨が好きになりました。5月には淡い色だった草木の緑もぐっと深くなり、雨をたくさんあびて、ぐんぐんと成長していくのを感じます。緑の中にいるとむせ返るような、息苦しいような、そんな草木の息づかいが感じられます。
梅雨明けには、雷鳴がとどろき、雨がやむと蝉が一斉に鳴きだす。そんないさぎよい梅雨から夏へのバトンタッチも好きです。

それなのに今年の梅雨は、いさぎよさとは程遠く、西日本にとんでもなく長い間大雨を降らせてから去っていきました。
西日本豪雨により被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。

長かった今年の夏。そんな夏もいつの間にか立秋もすぎて、夜には鈴虫が鳴くようになりました。
夏の初めに作ったドライフラワーもすっかり色あせて、夏の終わりを感じます。

今では大好きなアジサイと、クリスマスローズをドライにしてリースに。夏の初めの写真です。

hidrxmasrose.jpg



重たいドアを開けて (The door is opened)

ご無沙汰しております。さびなんどです。
2018年も始まってすでに半分ほどが経ちました。いかがお過ごしですか?

さびなんどはほぼ4年間、古道具から遠ざかる生活を送っておりました。

第2子をお腹に宿してからはつわりがひどくて動けず、出産後は子どもがアレルギー持ちであることがわかり、
子育てに専念することに。 日々の生活に追われ、自分の時間を持つ余裕などありませんでした。
しかし、子どもが成長するにつれ、アレルギーの度合いも小さくなり、
少しずつ自分の時間が持てるようになると、錆納戸の倉庫で出番を待っている古道具たちが気になるようになりました。

それでも、日常のいろいろな細かいことに追われ、ショップオーナーとしても使命は果たせず。
その後ろめたさからか、錆納戸ショップから少し気持ちが離れたこともありました。
仕事を持つママ友たちをうらやましく思ったり、うまく時間を作れない自分をダメだと思ったり。
商品を撮影する時間もとれないくせに、在宅で秘書や翻訳の仕事ができないかと
ネットで仕事を探したりすることもしました。

でも、昨年末、あることがきっかけで、ショップを本格的に再開すると決意したら、
そんな迷いや、羨みや、焦りなどはすっかり吹き飛んでしまいました。
わたしに必要だったのは、逃げることをやめて、やるべきことに正面から向き合うことだったんですね。

door0116.jpg

写真は、仕入れたままずっと放置していた真鍮のドアノブ。
茅ヶ崎南湖の新名所、ナスナスショッピの店先にあるガチャガチャで手に入れたナスマサタカさんの
プチマチコレクションとともに。

重たかったドアを開けて、錆納戸ショップ、再始動です。

爆蘭とカルケットのガラス瓶(a vintage glass cookie jar)

バチバチと、まるで線香花火が爆ぜたような小さな実。
ある日、実家の母が庭で見つけたものを花瓶に活けていて、
なんと可愛らしい花なんだろうと思いました。
その時は名前もわからず、「線香花火のような」「花」で検索。
ついに、「爆蘭(ハゼラン)」という雑草だということがわかりました。

flwr_hazeran_01.jpg

葉っぱは、あんまり風情がないのだけれど、
開花の時期は、ピンクや赤や黄色の丸い粒が可愛らしく、
冬が近づくと、こうして落ち着いた赤茶色の実になり、味のある姿を見せてくれます。
実家からは種をもらってきましたが、この間見つけました、うちの駐車場の片隅に。

古いカルケットのお菓子瓶に入れて。
ガラス瓶は、ネットショップで販売します。
錆納戸ショップへはこちらから。

月兎印の琺瑯ピッチャー(a Japanese vintage enamel picther)

気づけば、11月も終わりに近づいています。
最近は、なんだか忙しくてゆっくりする余裕もなく、いよいよ年末なんだなという気がします。

今日は、古い水差しの紹介です。

horo_tukiusagi_pitcher_00.jpg

裏に、古い月兎印の入った、大ぶりのピッチャーです。
摘んできた野草を無造作に入れるだけで、なんだか絵になってしまうから不思議。
この一年、頑張ってきた自分へのご褒美に、たくさんのお花を買ってきて、
このピッチャーにたっぷり活けるのも素敵です。

あわただしい年末だからこそ、ちょっぴりなごんで、ほっとしたいですね。
こちらの商品は、錆納戸ネットショップで販売します。
ネットショップへはこちらから。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。