スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

船時計

リビングに時計がずっとほしかったのですが、なかなか「これだ!」というものが見つからず。
掛け時計って、ないとやっぱり不便なのです。
安くて、これならまいっか的なものも何度買おうかと迷いましたが、
やはり、安いからといって量産品を買うのは、信条に反すると思い、
壁にうめこまれたUSENのデジタル表示の小さな時計で我慢しつづけること数年。
そして、とうとう出会えました。
丸型の船時計。

船時計


丸型の時計というと、学校などで使われていた大きいサイズのものが多いんですよね。
50cmとか。でも、船時計なら家庭で使えるくらいのほどよいサイズ。
一週間巻きで、ボンボンとよい音がなります。
初めておうちに来て、壁に掛けたらチクタクチクタクとものすごい速さで進みつづけ、
1時間で10分、一週間経つ頃には1時間くらい時間が早まってしまって、
やっぱり素人には、振り子時計はむずかしいのかしら、、、、と思い、
購入したお店へ持っていきました。
そしたら、なんのことはない、振り子についた錘の位置を調整すれば、
簡単に早くなったり、遅くなったりするんですね。
最初、振り子をひっかけるのに手間取ってしまったときに、錘の位置がずれたのでした。

チクタクが速かった最初の一週間は、家族みんな時計のチクタクの音が気になって
なんだかせかされているような気がしました。
でも、普通のチクタクに戻った今、音はまったく気にならなくなりました。

人間の体には、時間の速さというか、チクタクいう時計のリズムって
小さい頃から身についているものなのですね。
スポンサーサイト
  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。